読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中尾雄太の中古車査定徹底解説!

中古車査定について、中尾雄太ができる限り調べてみます。

今回は中古車を売る時の残債について

お車の買取専業店に見積もりを頼んだものの、分割金を残したままであるケースもあるのではないでしょうか。そんな時は、売りたいお車の持ち主がご自身であるのか、他の方なのかどうかまずチェックしておく必要性があるのです。

本当のところ、持ち主についてはどこを確認したらいいのかと言えば、車検証に記載されている氏名の方がマイカーの権利者という訳です。

自動車を買う時に銀行が提供している分割払いを組まれた場合だと、こちらの自動車検査証に載っている氏名が自分の氏名になっていますが、自動車ローンを組まれたのがクレジット系の会社であった時には氏名がその信販会社の名前になっている訳です。クレジット会社でローンを組む場合にどういう理由でこういった形でその会社を所有権者として登録しているのかと言いますと、それは月の払いが滞納されたときに、スグにマイカーを担保として確保することを考えているからです。

そういった理由で所有権が信販会社になっているケースではそちらのクルマを自分の好きに売り払う事は無理なことです。とにかく売却したいならまずは返済を全部終わりにするか支払いローンの組み替えをして所有権者をご本人に変更してから売却することが求められます。ですが、現実にそんなことができるのはその時点で手持ちの資金が豊富にあるケースになってしまいます。それでは資産がない方はどういった方法を取るのがいいのでしょうか。

こういったケースでは買取査定をおこなってもらった愛車買い取りのお店に相談すれば、クルマの買取金額から残債分をまかない、所有者の部分を自分の名前に変更していただくことができるというワケです。手続きに関しても全部買取り業者にオマカセ可能ですから大丈夫です。