読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中尾雄太の中古車査定徹底解説!

中古車査定について、中尾雄太ができる限り調べてみます。

状態が悪かったり古かったり

バイク年式詐称。年式見分け方について教えてください。 半年ほど前にZRX-Ⅱ 2008... より引用

バイク年式詐称。年式見分け方について教えてください。 半年ほど前にZRX-Ⅱ 2008年式の中古を40万で買いました。 (車検証にも2008年と書いてありました) しかし昨日、新車購入のためこのzrxを査定に出したところお店の人から2001年式であることを知らされました。 (レッドバロンで査定してもらいました) そのときは唖然として話を聞かずに帰ってしまいました。 バイクを売った店にはとても腹が立ちます。ですがきちんとした知識もないまま買った私自身にも責任はあります。 そこで ①バイクの年式はどこ(エンジン、タンク、フレーム等)で決まるのか。 ②××年に作られたバイクでも、ここ(エンジン、タンク、フレーム等)が違えば××年式とはいえないということがあるのか。 ③車検証に2008年と書かれているのに実際には2001年だった理由。 を教えてください。…(続きを読む)

引用元:http://rdsig.yahoo.co.jp/rss/l/knowledge/search/RV=1/RU=aHR0cDovL2RldGFpbC5jaGllYnVrdXJvLnlhaG9vLmNvLmpwL3FhL3F1ZXN0aW9uX2RldGFpbC9xMTExMzgzMjY2NDY-


状態が悪かったり古かったりするくるまの場合は、見積額がつかないことだって持ちろんあります。
需要や希少価値が少なく、さらに10年以上経ってたり10万キロ以上走ってたりするもの、カスタムカーや劣化の酷いもの、エンジンがかからないクルマやトラブルで大破したものは値踏結果が0円という場合も多いです。
持ちろん、おみせの中にはこのような事故車や傷ついたクルマ専門で鑑定してくれるおみせがあるので、激しく傷んだくるまについてはそういった専門ショップ(ブランドなどの店舗をこう呼ぶことも多いでしょう)に依頼してみるのがベターですね。
車の見積りと下取りについてくらべてみたとき、下取りの方が儲かると考えておられる人もほとんどだと思います。
確実に下取にしたケースでは狙っている車を今の愛車の下取り金額で値引き可能ですし、買取と購入の手つづきもひとまとめにして実行できて、実用的です。
だけども、簡単に売渡価格だけ考慮すると、車の査定のほうが高価となるのです。
愛車の買取りにはトラブルの出現もよくあり、WEB査定と実車見積りの売値が思いの外差が出てしまうのは今ではもう当然でしょう。
買取り成立の後に特定の原因をみつけてカットされることもいつもの事です。
愛車を引渡したのにお金が振り込みにならない事もあったりします。
高額鑑定を公言する酷い業者には心しなければなりません。
出張の見積サービスというものを使用せずにおみせへ直で査定を依頼しに行っても構いませんが、あらかたの専門店の出張見積もりというものは最後まで完全無料だとのことなので、使ってみるという人も、普通にいます。
わざわざ買い取りショップ(ブランドなどの店舗をこう呼ぶことも多いでしょう)の店舗まで足を運ばなくても済むというのがかなり便利な部分ですが、手間をかけて来てくれたのに買取を断るとは言いづらいと感じる方も多少なりともいらっしゃいます。